株式会社NTTデータ 株式会社クニエ 
株式会社日本データサイエンス研究所(JDSC)
3社共催セミナー

不確実性の時代における
デジタルサプライチェーン
SCMデジタル化の重要性と
ソリューションのご紹介
お申し込みの受付は終了しました

デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進が年々加速するなか、製造業の根幹となるサプライチェーンのデジタル化への注目が高まっています。
with/after コロナにおいて、サプライチェーン再構築の必要性が高まるなか、デジタルを活用した真のサプライチェーン改革が製造業DXを推進する鍵となります。

本セミナーでは、NTTデータ、クニエ、JDSCの3社により、SCM×デジタルでDXを加速させていくために必要なこと、推進上のポイントについてご説明すると共に、先進技術(クラウドSCM-PF、AI/機械学習)を活用して製造業のサプライチェーンのDXを実現した事例をご紹介します。

開催日時 2020年7月30日(木)14:00-15:30
会場 オンライン
(Zoomで配信します)
参加費 無料
(事前のお申し込みが必要です)
定員 500名
関連情報 ・株式会社NTTデータ 「iQuattro®(アイクアトロ)」について
https://enterprise-aiiot.nttdata.com/iquattro/

・株式会社クニエについて
https://www.qunie.com/

・株式会社日本データサイエンス研究所(JDSC)について
https://jdsc.ai/
お申込み
受付期間
2020年7月6日(月)10:00~
2020年7月22日(水)18:00
備考 ・定員に到達次第、募集を締め切らせていただきます。
・同業他社様からのお申込はお断りさせて頂く場合があります。予めご了承ください。
お申し込みの受付は終了しました

セミナーの内容

目次
  1. セミナーの見どころ 株式会社クニエ 笹川
  2. デジタルサプライチェーンを推進するためのレバレッジポイント 株式会社クニエ
  3. デジタルサプライチェーン実現に求められるプラットフォームとは 株式会社NTTデータ​
  4. 物流・在庫管理におけるAI活用事例 株式会社日本データサイエンス研究所(JDSC)​
  5. 質疑応答​
講師

株式会社クニエ
シニアマネージャー
宍戸 徹哉


大手国内システムインテグレーターにてSCM関連システム構築に従事し現職。
ハイテク・エレクトロニクス、自動車、ヘルスケア、非鉄金属、建設、化学、製薬業界など、
サプライチェーン分野のコンサルティングに従事。
主に、SCM/S&OP業務改革、組織改革、ITを活用した改革構想および導入を担当している。

株式会社NTTデータ
ビジネスソリューション事業本部
AI&IoT事業部 課長​
大居 由博


NTTデータにて製造業・小売業向けSCMパッケージ導入やCIOサポートコンサル(IT戦略策定、システムグランドデザイン)に従事。
現在は、企業間コラボレーションSCM-PF「iQuattro®(アイクアトロ)」とAI/IoT、ブロックチェーンなどの新技術を組み合わせた新規ソリューション企画、サプライチェーンファイナンスなどの新規ビジネス創出をリードする。

※「iQuattro」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。

株式会社日本データサイエンス研究所(JDSC)
代表取締役社長​
加藤 エルテス 聡志


東京大学卒業後、マッキンゼー、米系メーカー等での経験を経て、2014年に前身、一般社団法人日本データサイエンス研究所を創設、代表に就任。
医療データ リーズンホワイ 元監査役
書籍:「機械脳の時代」(中央大学2020年度入試問題採用)、「日本製造業の戦略」(共著)等多数
講師講演: TEDxTokyo Salon “About Data Science” 等多数

株式会社日本データサイエンス研究所(JDSC)
シニアコンサルタント
中村 大介


東京大学在籍時、情報理工学系研究科にてロボット工学、AI研究に従事。
卒業後はマッキンゼーにて事業会社の戦略策定、オペレーション改善プロジェクトなどに従事。
ビッグデータ専業会社にてマネジメントを務め、データソリューションの開発に従事。
JDSCに参画し、AIソリューションの開発に従事。

講演詳細
  • デジタルサプライチェーンを推進するためのレバレッジポイント 株式会社クニエ

    デジタル化によりビジネスモデルが変化していく中で、SCMも同様に変化が求められています。製造業DXの鍵として、サプライチェーンのデジタル化に注目が集まる一方、取り組みのスピードは十分とはいえず、必要性は認識しつつも、取り組み自体をまだ実施していない、または限定的な実施、実証段階止まりが多いのが現状です。
    デジタル技術をどのように活用し、サプライチェーンにおける業務改革を推進していくべきか、ポイントを紹介します。
  • デジタルサプライチェーン実現に求められるプラットフォームとは 株式会社NTTデータ

    サプライチェーンにおける真のDXを実現するための重要なポイントは、拠点間・企業間を跨いだ情報をセキュアかつ一元的につなぎ、共有出来る状態を作っておくことにあります。
    NTTデータでは、企業内外に散らばる様々なデータから情報を収集・整理し、価値を創出するためのSCM-PFサービス「iQuattro®」を提供しています。
    iQuattro®を活用しDXを推進されている製造業のお客様事例を交え、DX実現に向けたポイントをご紹介します。
  • 物流・在庫管理におけるAI活用事例 株式会社日本データサイエンス研究所(JDSC)

    JDSCが提供する需要予測ソリューションは、製造業のサプライチェーンにおけるデータ活用を高度化します。
    AIを活用した需要予測を使うことで、どのように課題が解決されるか、そのポイントを説明します。個人宅への配送を行う物流企業様に向けた不在配送削減ソリューション、および、自社で在庫リスクを抱える企業様に向けた需要予測ソリューション「demand insight」を紹介します。